「百聞は一見にしかず」と諺にもあるように、動画が伝えることができる情報量は文字情報と比較しても格段に多く、その差は数千倍以上とも言われています。動画なら、文字や静止画では表現できない雰囲気や臨場感、音、人の表情やニュアンスなどをリアルに表現し、伝えることが可能です。また、複雑な内容でも分かりやすく短時間で伝えられる点で、動画は文字情報や静止画像よりも訴求力に優れています。

 

動画は、Webサイトを訪れたユーザーに高い割合でクリックされることが統計上も明らかとなっています。もしも偶然にクリックしてみたWebサイト内の動画に有益な情報が含まれている場合、その動画は長く視聴されることになり、再生時間に合わせてWebサイトの滞在時間も長くなります。

 

Web動画は、ホームページやブログ、Twitter、Facebook、YOUTUBE、Instagramなどの様々なソーシャルメディアでも活用でき、スマホやタブレット等のデバイスの普及に伴い、手軽に持ち運ぶことが可能であり、シェアしたり、「いいね!」を通じて、「面白い」と感じた気持ちを簡単に共有することができます。 

 

 

動画は、文字情報や静止画と比べて訴求力が強く、視聴してもらえる可能性が高いとは言え、長過ぎる動画は途中で切り上げられてしまいます。例えば、5分間の動画の中で、最後の2分間に極めて重要なメッセージを盛り込んだとしても、視聴者はもう離脱していてそのメッセージを見ることがない。。という事態になってしまいます。

 

動画の最適な尺の長さは、「1分間」を目安にすると良いでしょう。長くとも2分は切るようにすべきです。

上の弊社PR動画の尺は約3分半となっていますが、これも1分間×3本シリーズに小分けにした方が良いでしょう。

コンテンツがどんどん充実して、多くの人をとらえて離さないような、そんな状況になったら、5分でも10分でもOKですが、まずは1分間動画を制作し、そこで伝えきれなかったものは、続編を作って、1分間動画シリーズを制作していくと良いでしょう。

  

上の動画にもありましたように、近年動画が再び注目されることとなった最大の要因は、高速通信機能を搭載したスマートデバイスの普及です。

 

Web動画の視聴は、従来はパソコンでの閲覧が中心で、かつ一定のスキルを求められましたが、今やスマホやタブレット端末を利用して、指先一つで楽しめるようになりました。YOUTUBE等では、口コミが広がったことにより視聴数が一気に急増して一夜にして有名人となったピコ太郎氏のような例もあります。Web動画は今や中高生から主婦層まで、日常生活に溶け込み始めており、見る・見せられる側の抵抗感のようなものは薄れてきています。

 

さらに、動画制作のハードルも従来に比べて低くなってきています。従来、動画は撮影や編集などに手間と費用がかかるうえ、相手にインパクトを与えるためには高度な技術が求められ、効果が不透明な割にコストがかかるイメージが強かったのですが、現在では、撮影機器と編集用ソフトの高性能化により、動画制作のハードルもぐっと下がってきました。

 

今後、Web内で個人や企業による動画コンテンツ量はさらに加速度的に増大することが予想されます。

動画コンテンツが当たり前の時代が到来する日が近づきつつあります。

今ならまだ間に合います。

今なら、動画コンテンツは、他の文字情報や静止画に比べて優位性が大きく、ユーザーに視聴される可能性が高いと言えます。

今こそ、PR動画の制作に取り組み、自らを、そして自社の商品・サービスをアピールする絶好のチャンスです。

 

ホワイトボードアニメーション、その他のプロモーション動画など、何なりとお気軽にお問い合わせください。